ニュース一覧

学校に行くメリット

スタジオ

かかる費用と注意点

写真関係の仕事につきたいと思った場合、専門学校に行くのも一つの手段です。写真関係の仕事に学歴や資格は必須ではありませんが、知識や技術などを学んでマイナスになることはありません。また、専門学校に通うことで卒業生との人脈ができる可能性もあり、名前を売る必要がある仕事としては意味があります。写真の知識や技術を学ぶ専門学校は、芸術関係の学校や映像関係の学校などがあります。学科として開講されていることはあまり多くないですが、こうした学部や学科の中に有ることが多いので、探すときは注意して探しましょう。専門学校で学ぶのにかかる費用は学校によりピンキリです。美術や映像などの専門学校は比較的費用が高めの傾向がありますが、中には安いところもあります。何年学ばないといけないといった縛りはないので、在学期間が長くなれば費用はかさむ傾向にありますし、短い在学期間だったり夜間学部だったりするならば費用は低めになります。どのような形で写真を仕事にしたいのかによって選び方も変わります。働き方としては、フリーのカメラマン、レンタルスタジオなどのカメラマン、出版社や新聞社などのカメラマン、カメラマンのアシスタントといった道があります。いずれフリーのカメラマンを目指すにしても、最初からそのコースを選ぶのはリスキーですし仕事も入ってこない可能性が高いです。まずはどこかに就職して撮影する機会を増やしながら、コンクールなどにコツコツと応募して独り立ちを目指すというのがよくあるパターンです。

Copyright© 2018 写真の撮影技術を身に付けよう【専門学校の進学がお勧め】 All Rights Reserved.